よくある質問


看護師の方の「仮眠、睡眠用耳栓」について、こんな疑問をお持ちになる方もいます・・

Q1: 価格が高いと思いますが・・・
A1:
  • 確かに値段は少し高価かもしれません・・
  • しかし、しっかりとお考えいただきたいことは、実際に夜勤帰りに睡眠をとろうとする時に使用する耳栓として、どれだけ適しているか、有効に使いやすいかという点です。
  • 睡眠時にスポンジ状の耳栓を使用していると、いろいろと使い勝手上難しいということをよく耳にします。代表的なところでは、スポンジの反発する圧迫感で耳穴が疲れやすい、長時間つけていると汗で「じとじと」してしまう、装着した時に耳からとびでた状態になるので寝返り、横向き(片耳を枕につけて)に寝ると耳栓が邪魔になるなどがあるようです。また、耳からとびでた状態で寝返りをうっていると耳栓が外れやすくなりがちです。
  • 夜勤で仕事に戻るとき、疲れやだるさがあると、仕事にも集中しにくくなり、精神的にも疲れがちになってしまいます。やはり、使い勝手の良い耳栓を有効に使ってもらうことがオススメです。また、オススメのMusicSafe Pro、SleepSoftは、目覚まし時計の音も聞き取りやすくなっているので、目覚ましでしっかりスケジュールを管理したい方にはピッタリと言えます。
  • 出費は眠気覚ましに飲むコーヒー代350円が10杯分程度・・・MusicSafe Pro3,960円を6ヶ月ご使用いただいた場合でも、1日22円程度になります。従来のスポンジ耳栓の「使い捨て」とは異なり、MusicSafe Pro、SleepSoftは「繰り返しご使用」いただけます。この投資によって、「しっかり爽やかな眠り」に準備ができるようになることが、高価な投資かどうかは、それぞれの方の状況による判断になると思います。
Q2: 買い替えの時期の目安はどれくらいですか?
A2:
  • 毎日使用したとして6ヶ月~1年程度使用することができます。ただし、これは目安であり、実際には耳穴での耳垢、汗、ご使用状況・時間に個人差があり、お手入れ上状態に大きく左右されますのでご注意ください。
  • できるだけ長持ちさせるため、直射日光を避け、しっかりお手入れすることをおすすめします。耳栓のお手入れ方法はこちら・・
Q3: 耳栓を繰り返し使っているとどのような劣化が起こりますか?
A3:
  • 長い期間ご使用いただくことで、耳栓の素材自体が硬化したり、もろくなったり、黄ばみが起こります。それにより耳栓傘部分が破損されやすくなり本来の遮音性能を発揮できなくなることがあります。
  • 適切なお手入れにより、耳栓を長持ちさせることができます。耳栓のお手入れ方法はこちら・・・
Q4: 「耳栓の軸部分が耳からとび出ないので、横向きに寝るときでも、寝返りするときでも、耳栓が邪魔にならない・・・」といっても、やっぱりとびでて、寝返りの時に邪魔になってしまうんですけど・・・
A4:
  • 人によっては、それでも耳栓の軸部分が耳から飛び出して、寝返りのときに邪魔になったり、とびでていることで布団などに触れやすくなり、寝返りのときに耳栓がはずれてしまうという方もいらっしゃると思います。その場合は、耳栓の軸部分を適量ハサミなどで切り取って、軸部分の長さを調整することができます。軸の長さを短くしすぎると、耳栓を耳穴から取り出しにくくなることがございますのでご注意ください。
耳栓の軸カット

耳栓の軸を適度にハサミでカット。切りすぎると耳栓の取り出しが難しくなりますので十分ご注意ください。



Q5: 耳栓を使用しても音を遮蔽できていない気がしますが・・・
A5:
  • 適切にお使いいただいた場合での性能は、商品ご紹介ページでの遮音性能となります。
  • 全ての「耳栓」に共通することになりますが、しっかりと耳穴にフィットした状態で配置されていないことで、性能を発揮できていないことがよくあります。
  • また、耳穴の形には個人差があり、それぞれの耳穴でのフィットするポイントが異なります。耳栓が耳穴にしっかりとフィットするポイントを見つけましよう。
  • 耳栓の適切な配置の仕方はこちら・・・
Q6: 耳栓は、遮音性能の数値が全てだと思いますが・・・
A6:
  • 状況によっては、たしかにそのような場合もございます。
  • ただ、睡眠時の耳栓の役割は、気になる音が気にならなくなることだと思います。必ずしも音を全てカットすることが求められているかは状況によると思います。(もちろん、限りなくカット出来たほうが良い場合もございますので、それそれの状況で、それぞれの方の判断となります。)
  • また、軽視されがちですが、睡眠時に耳栓を使用される場合、耳栓の圧迫感で耳穴が疲れない、長時間つけていても汗で「じとじと」になりにくい、寝返り、横向き(片耳を枕につけて)に寝るても耳栓が邪魔にならない、耳栓が外れにくいなどの「使い勝手」の面も、特に、毎日繰り返しご使用される方には、重要となってきます。このような側面も、十分にご検討された上で、使用される耳栓が何が良いかお決めになると良いかと思います。耳栓の遮音性能だけでご判断されると、繰り返し使っていくには・・となる可能性があります。
  • 当店取り扱いのMusicSafe Proは、もともと大音量の音楽から耳を守るための耳栓ですが、かんたんなプラグ交換で音の加減を微調整できる点が便利です。気になる音は抑えたいけど、目覚ましの音は聞き取りたいというような状況の場合、音をよりカットするゴールドプラグから試していただき、目覚まし時計のアラームをもっとハッキリ聞き取りたいと言うことであれば、シルバー、またはホワイトプラグを使うというように、好みに合わせて音の加減を微調整できることが魅力です。
  • ご自身の「気になる音は抑える」という目的と「使い勝手」をご検討いただいて、どの耳栓が最もあっているかを総合的に判断されることをオススメします。
  • 場合によると、かなりの遮音性能を要求されることもございますので、その場合はうまく使い分けていただけると幸いです。
Q7: 耳穴が小さいんですけど・・・
A7:
  • 同じメーカーから、こども用サイズの耳栓 Pluggies Kids がございますのでご検討下さい。こども用耳栓 Pluggies Kidsは、こちら
  • こども用耳栓 Pluggies Kidsは、①大人用のもの(例、MusicSafe Pro)に比べ、傘の大きさが小さくなっています。Pluggies Kidsの傘の最大直径は約1.15cmになっています。それに対し、大人用の耳栓は約1.3cmです。②また、Pluggies Kidsは、先端部分の形状が比較すると細くなっており小さい耳穴に差し込みやすくなっています。
  • 製造メーカーによると、大人用の耳栓でも傘の部分がシリコン製なので、ハサミなどでも簡単に切りとり、耳穴の大きさに合わせて傘を切り取って使うこともできるとのことです。 ただ、一度切り取ってしまって、サイズが合わないでは耳栓がもったいないので ハサミで切り取る際は慎重におこなったほうが良いと思います。
  • 耳穴のサイズは、本当に千差万別なところがあります。いろいろな大きさ、形の耳穴があります。ですので、最終的には、実際に耳につけてみないとわからない部分が どうしても残ってしまいます。経験的に、小さめの耳穴と思っていらっしゃる、または今までスポンジ耳栓も子供用を使ってきたなら子供用、普通でも大丈夫そうであれば、大人用のものを検討してみてはどうでしょうか。
Q8: 近くで寝ている人のいびきに効果はありますか?
A8:
  • いびきも人により大きさ、パターン(聞き苦しいパターンもございますよね)、また、いびきをかいている人からの距離によって、音の大きさも異なりますが、普通くらいのいびきの大きさでは50dB(デシベル)、激しいいびきとなると60-80dBと言われています。
  • 例えば、SleepSoftのように20dB程度の遮音性能(耳栓で音が弱められる量)がある耳栓を使用している場合、普通のいびき50dBであれば、「50dB (普通のいびきの大きさ) – 20dB(耳栓の遮音性能)=30dB(静かなオフィス程度の音の大きさ)」程度にすることができます。ですので、効果が見込めます。
  • ただ、かなり激しいいびき、例えば80dBくらいになってきますと「80dB (激しいいびきの大きさ) – 20dB(耳栓の遮音性能)=60dB(ざわざわしているオフィス程度の音の大きさ)」程度になるかと思います。もし、「激しいいびき」を遮蔽するのであれば、いびきの音をある程度弱めることはできますが、若干力不足になる場合もございます。
  • 上記程度の耳栓の効果では十分でない場合、遮音性能がさらに高い製品をお探しになることも良いかと思います。ただ、注意点になりますが、実際に安眠の際に耳栓を使用することとなると、音の性能だけでなく、耳が疲れない、耳穴が汗でじとじとしないなどの要素も、選ぶ際に検討に入れたほうが良いかと思います。一般的に普及しているスポンジ状の耳栓の場合、素材が若干固く、反発力を持っているものが多く(商品にもよりますが)、耳が疲れてしまったり、また、じとじと汗をかきやすくあまりよくない場合がございます。当店で取り扱っているSleepSoftはスポンジ状の耳栓に比べると、つけ心地がよいなどが大きな特徴です。
  • また、遮音性能がさらに高い製品を使用しても、それでも力不足になることもございます。この場合、耳栓だけでなく、ノイズ(例、放送終了後のTVのザーザー音、チューニングが外れているラジオのザーザー音)をわざと鳴らすことで「激しいいびき」をかき消し、気にならなくできることがあります。
  • ご自身の使用状況、好みを考慮に入れて、総合的にどの耳栓を選ぶのが良いかご検討いただき、ご判断いただくことが良いかと思います。
  • なお、耳栓の話とは違う話となりますが、いびきを起こしている人の寝る姿勢によっていびきの大きさが変わったりする場合もあるようです。ためして見ると良いかもしれません。